赤ちゃんの湿疹が顔や手足にできた時の原因と対応【 我が子で実績有】

どうも、あかつきです。

我が子も順調に成長してきて早4か月となります。
時間の経つのも子供の成長も早いものですw

さて、今日は赤ちゃんの肌のことについての記事をお伝えしたいと思います。
といいますのも、我が子で肌トラブルがあったからです。
現在は順調に回復していっているので、みなさんのお子さんにも有益な情報になると思います。

 

こんな悩みのお母さんお父さんが対象の記事です。

  • 子供の顔や手足に赤いブツブツ(湿疹)ができた
  • 湿疹がなかなか治らない
  • 手、足、背中、お腹、顔がザラザラしている

 

湿疹について

赤ちゃんによって状態は様々ですが、新生児の間は湿疹ができやすいです。
特に0ヶ月~2ヶ月ぐらいは多くみられます。

症状としては、主に顔や首などに発症します。
よくみられるのが赤いブツブツした状態になる症状です。

 


広告

具体的な湿疹対策や治療方法は?

湿疹対策

清潔に保つことと保湿をしっかりしてあげることが重要です。
以下の治療方法のところに、実際に我が子のエピソードも踏まえた対策治療方法を書いてますので参考にしてください。

 

治療方法

まだ0ヶ月の時などは、生まれた産婦人科でステロイド剤をくれるところもあります。
うちはキンタベートというステロイド剤をもらって、顔の赤い湿疹に塗っていました。
2~3日お風呂上りに塗っていたら自然と治っていきました。

しかし、4か月あたりになってまた症状が酷くなってきました。
顔は左右のほっぺたに広範囲にわたって赤いブツブツができて、手足とお腹がガサガサになるようになりました。

親である私は乾燥に弱く、肌がガサガサになりやすい体質でした。
もしかしたら子供にもそういうのが遺伝していてガサガサになりやすくなっているのかと思い、
皮膚科にちゃんと連れて行って診断してもらうことにしました。

皮膚科のおばあちゃん先生からは、こんな有益なお話をしていただきました。

  • 赤ちゃんによるが、我が子はガサガサや湿疹になりやすい体質
  • 赤ちゃんのうちから保湿をしっかりしていたら、皮膚関係のアレルギーになりにくい体になる
  • 赤みが酷いところはステロイド剤を塗れば治る
  • 初期の0~2ヶ月は顔や体をしっかり洗うように指導されるが、4ヶ月ぐらいならそんなに石鹸で洗わなくてよい

特に産婦人科では清潔に保つように、お風呂でしっかり顔を含めて洗ってくださいと言われますよね?
あれはほんとに初期だけの話で、3ヶ月ぐらいからは汚れやすいところだけでいいようです。
大人も洗いすぎたら保湿が足りなくて乾燥しますよね?それと一緒です。
良かれと思っても我が子のような赤ちゃんの肌質には、洗いすぎはよくないみたいなのです。

 

保湿剤とステロイド剤を処方され、1週間ほど様子見で先生の言う通りに生活したのですが、
結果として改善していきました。

  • ステロイド剤は朝晩1回
  • 保湿剤は朝昼晩の3回
  • 晩はお風呂上りにすぐ塗る
  • お風呂では頭、首、脇、膝裏、おまた、などの汚れがたまりやすいところだけ石鹸を少し使用

このような感じでしっかり保湿していくことで、赤い湿疹もなくなり、手足のガサガサもほぼなくなりました。
顔の赤みは2日でまったくなくなりました。

ポイントはステロイド剤も保湿剤も1回にたくさん塗ることです。
もうベッタベッタじゃん!っていうぐらい塗りたぐります。
皮膚科の先生からもそう言われてました。

 

まとめ

  • 湿疹やガサガサは保湿を強化する
  • 躊躇せず皮膚科をすぐに受診する
  • 赤ちゃんから保湿をしっかりしていれば肌が強い子になる
  • お風呂では洗いすぎない

今回思ったのが、さっさと病院を受診するべきだということでした。
ネットで調べただけの簡易知識だけで、知った風になっているだけで、実は赤ちゃんにはよくないことだったりもします。

小さいころから肌のケアをしてあげて、自分のお子さんを守ってあげてください。