【THE THOR カスタマイズ】ワードプレスで広告背景を無効化する方法

こんにちわ、あかつきです。
THE THORがバージョンアップ1.4.0を公開しました。

広告部分の更新があったので紹介したいと思います。

 

THE THORのバージョンアップ1.4.0の内容

まずはどのようなバージョンアップがあったのか一覧を見てみたいと思います。

以下は公式のリリース情報です。

バージョン1.4.0では、下記の修正・機能追加がされました。

修正・機能追加リスト

  1. 最新記事のmeta robot情報がTOPページへ反映される不具合を修正
  2. ビジュアルエディタの「プリセットパーツ│吹き出し」のデフォルト画像を変更できる機能を追加
  3. サイトマップページの固定/投稿セクションの見出しを自由に変更できる機能を追加
  4. 記事詳細ページの広告背景を無効にできる機能と「広告」の表記を変更できる機能を追加
  5. 【上級者向け】定義済の関数をオーバーライドできるように設定「fit_footer_scripts()」「fit_head()」
  6. ビジュアルエディタの「スタイル│マーカー」によく使うマーカー機能を追加

 

01.最新記事のmeta robot情報がTOPページへ反映される不具合を修正

TOPページで投稿一覧を表示している時に、最新の記事に何らかのmeta robot情報があると、それがそのままTOPページにも反映されてしまう不具合がありましたので修正いたしました。

 

02.ビジュアルエディタの「プリセットパーツ│吹き出し」のデフォルト画像を変更できる機能を追加

プリセットパーツ吹き出しの画像部分のデフォルトイメージを、ユーザーが自由に変更できるようにカスタマずしました。

 

03.WP5.0搭載ブロックエディター(Gutenberg)での一部スタイル適用

サイトマップページの見出しは「固定ページ」「投稿ページ」となっていましたが、これを自由に「食べ物のページ」などのようにユーザーが自由に変更できるように機能を追加しました。

 

04.記事詳細ページの広告背景を無効にできる機能と「広告」の表記を変更できる機能を追加

記事詳細ページで広告を表示する時(ダブルレクタングル広告も)には必ず、斜線の背景がデフォルトで表示されるようになっていましたが、これを無効化できるようにしました。

 

05.【上級者向け】定義済の関数をオーバーライドできるように設定「fit_footer_scripts()」「fit_head()」

「fit_footer_scripts()」と「fit_head()」は、子テーマのfunctionファイルでも編集したいということがあるはずなので、オーバーライドできるように設定しました。

 

06.ビジュアルエディタの「スタイル│マーカー」によく使うマーカー機能を追加

よく使うマーカーを簡単に呼び出せるようにカスタマずしました。

 

なんと!!

  • 広告背景の無効化
  • 広告文字の表記変更可能

ができるようになったとのことです。

 


広告

アップデート前の広告設定の仕様

今までは、設定した広告背景にストライプ柄の模様が強制的に表示されるようになっていて、自然な形で表示できなくなっていました。

このような感じです。

 

このストライプ柄があることによって、あからさまに「ここは広告なんだぜ!!」って強くアピールする感じになってしまいます。
そうなると、ブログのデザインとマッチしなくなるという影響が出てきます。
個人的にはブログに自然に馴染む感じで広告表示させたいと考えますが、私と同じ気持ちの方は大勢いらっしゃるかと思います。

しかしながら、THE THORの仕様のため、しばらくそのまま使っていました。
でもやはり諦められず、途中からはcssコードを追加して背景のストライプ表示を見えないようにしました。

方法は以下の記事で紹介しています。

The Thorの広告背景(ストライプ)を削除する方法

 

アップデート後の広告設定の仕様

さっそくカスタマイズの広告設定を確認してみまたところ、以前まではなかった項目が表示されていますね。

  • 背景スタイルを無効にする
  • 広告の表記を変更する場合は入力

 

で、実際に「背景スタイルを無効にする」にチェックを入れて反映させてみました。

 

あかつき
あれ?全然消えてないんだけど・・・

広告

まとめ

最近出たばかりのテーマのため修正が多いのはしかたないですが、「できるようになった!」と言われて設定してもできないのはどうなのだろうか・・・

この件は質問フォーラムで公式に確認してる最中のため、判明しましたら共有します。

当サイト利用の有料Wordpressテーマ「THETHOR(ザ・トール)」

SEOや集客に非常に強いのが売りのテーマで、画像圧縮・ブラウザキャッシュなどサイト読み込みの表示速度改善機能が最初から備わっています。
モバイルファーストを意識したPWAやAMPにも標準対応しているため、モバイルユーザの集客にはピッタリです。
このようにSEO対策がしっかりしているため、SEO系プラグインも不要でサイトの負荷も抑えられます。

広告設定、おしゃれなデザイン設定、タグの一元管理など便利な機能が詰め込まれていますが、初心者には難しいcssのカスタマイズは一切不要で実現可能なところも満足すること間違いなしです。

  • これからブログで収益を上げていきたい
  • 今よりもっと収益を上げたい

このような考えの人こそ、絶対導入して損のないテーマが「THETHOR(ザ・トール)」です。