【2018年2月】DSDS対応simフリーのスマホおすすめ3選

f:id:daybreakdeath-03:20171205011221j:plain

こんにちわ、あかつきです。

simフリーのスマホで悩んでいませんか?

・simフリーのスマホにしたいが、種類が多くてどれにしたらいいのか分からない。

・おすすめってどれなの?

といった人のために、絶対に買っても損をしないおすすめのsimフリーのスマホを紹介していきます。

ZenFone 4(ASUS)

2017年の秋モデルとして発売された本命機種です。

メモリ6GB、ストレージ64GB、DSDS搭載でこの値段で出してきてるのはASUSくらいのもんです。

画面サイズは若干大きめの5.5インチで、片手で操作するのは難しそうですが、このハイパワーであれば不自由することはまずありません。

DSDSなので、2つのsimを利用していいところ取りしてコストを抑えるのを、おすすめします。

simフリー端末の中では値段は高いですが、これを買っとけば間違いないといえる機種です。

価格57739円(価格.com最安値)
OSAndroid7.1
CPUSnapdragon 660
CPUコア数オクタコア
メモリサイズ6GB
ストレージサイズ64GB
画面サイズ5.5インチ
画面解像度1920×1080
バッテリー容量3300mAh
カメラ背面1200万画素 前面800万画素
認証指紋認証
センサー加速度センサ/ジャイロスコープ/電子コンパス/磁気センサ/光センサ/RGBセンサ/近接センサ
SIMnano-SIM
デュアルSIMデュアルスタンバイ
(DSDS)
 ○

広告

ZenFone 3(ASUS)

私も現在使用しているスマホです。

2016年秋に発売された機種で当時はDSDSの端末といえばコレでした。

今は上記のZenFone 4があるのでスペックは負けてしまいますが、値段が抑えられているので、コストを安く抑えたい人にはおすすめの機種になります。

発売当初は42000円前後だったので、今は1万円程度安くなっていますね。

全体的に動作も軽快でゲームもネットもサクサクできます。

私はDSDSを生かすため、電話はdocomoのFOMAプラン、通信はUQモバイルの3GBプランと、2つのsimを挿して、いいとこ取りの使い方をしています。

毎月のコストは2000円ですw

OSバージョンはAndroid7.0にアップデート可能ですのでご安心を。

価格32800円(価格.com最安値)
OSAndroid6.0
CPUSnapdragon 625
CPUコア数オクタコア
メモリサイズ3GB
ストレージサイズ32GB
画面サイズ5.2インチ
画面解像度1920×1080
バッテリー容量2650mAh
カメラ背面1600万画素 前面800万画素
認証指紋認証
センサー加速度センサ/ジャイロスコープ/磁気センサ/電子コンパス/光センサ/RGBセンサ/近接センサ
SIMnano-SIM/micro-SIM
デュアルSIMデュアルスタンバイ
(DSDS)
 ○

g07(コヴィア)

2016年冬に発売された機種

あまり量販店の店頭などでみたことないかもしれませんが、DSDS端末で2万円を切るのはこの端末しかないです!!

バッテリーはZenFone3よりも多い3000mAhと十分すぎます。

全体的なスペックはまとまっているので、ゲームやネットなど大抵のことはできるのでそこまで不自由することはないでしょう。

安くDSDSを試してみたい方にはもってこいの機種です!

Android7.0にもアップグレード可能です。

価格19224円(価格.com最安値)
OSAndroid6.0
CPUMT6750T
CPUコア数オクタコア
メモリサイズ3GB
ストレージサイズ32GB
画面サイズ5.5インチ
画面解像度1920×1080
バッテリー容量3000ml
カメラ背面1300万画素 前面800万画素
認証指紋認証
センサー照度センサー
SIMnano-SIM
デュアルSIMデュアルスタンバイ
(DSDS)
 ○

広告

まとめ

たくさんあるsimフリー端末の中から、かなり絞って紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
スペック重視ならZenFone4
コスパ重視ならg07
といった感じでしょうかね。
やはりこれからはDSDSの端末がどんどん増えてくる気がしています。
自分でも使っていますが、いいとこ取りして安く使えるのは本当に良いです!
キャリアの携帯で普段そんなに使わないのに、高いお金を毎月払っているあなた!!
難しいことはなにもないので、この機会にsimフリー端末に変えて、無駄な出費を抑えてみてはいかがですか?