2章 aviutlでアニメエンコード "初期設定編"

\シェアよろしくお願いします!/

スポンサーリンク

さて、前回1章の設定編ではaviutlで編集できる状態にしました

1章 aviutlでアニメエンコード "導入編"
 
今回は2章 "初期設定編"です ==== aviutlの環境設定

「ファイル→環境設定→システムの設定」とクリックします
最大画像サイズは「1920x1080」にしてください(この値より大きい画像は読み込めない為)
画像処理スレッド数は自分の環境に合う設定にしてください
Core 2 Duoなら「2」、Core 2 Quadなら「4」、i7なら「8」と入力して下さい
それ以外の設定はデフォルトでもいいですが、写真と同じ設定でいいでしょう


入力プラグイン優先度の設定

どの形式のファイルを優先的に読み込むかの設定です
「ファイル→環境設定→入力プラグイン優先度の設定」とクリックします
「MP4 File Reader」「MPEG-2 VIDEO File Reader」「DirectShow File Reader」が重要です
この3つは必ず写真のようにしておいてください


フィルタ順序の設定

フィルタをかける順番を設定できます
このフィルタ順番が悪いと綺麗にエンコード出来ません

おすすめのフィルタ順番は以下です
1.インターレース解除
2.ノイズ処理系
3.エッジ、輪郭処理系(シャープとか)
4.色調調整系

透過性ロゴは一番最初にしないと変になるので最初にします
それ以外は写真のように設定すればOKです
はじめからある使わないフィルタ等は下のほうにしておきましょう
※「prefilter for nonlinear sharpen」と「nonlinear sharpen」は
  必ずこの順番にしてください



以上でaviutlの初期設定は終わりです

次回は3章 aviutlでアニメエンコード "フィルタ設定編"です

次回が一番知りたい情報だと思うので、しっかりやっていきたいと思います