1章 aviutlでアニメエンコード "導入編"

\シェアよろしくお願いします!/

スポンサーリンク

前回はAVIUTLの使用と、動画完成までの簡単な流れを書きました。

序章 我が家のエンコード環境とエンコード導入について

今回のエンコード "導入編"ではAVIUTLで編集する為の準備を行ないます。

※録画したtsファイルが存在することを前提としています。

※「MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In」の項目で、足りない説明があったので追記しています

 

各ツールのリンク先

DTV関係ツール

AviUtlのお部屋

まるも製作所

DirectShow File Reader プラグイン for AviUtl

seraphyのプログラム公開所

Nero AAC Codec

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

がらくたハウスのがらくた置き場

AviUtl オリジナルプラグイン公開サイト @ wiki

ICZの剣

AviUtlプラグイン置き場

 

 

作成までの流れ

1.BonTsDemux ver.1.10 mod.10で録画したTSファイルを映像(m2v)と音声(wav)に分割

2.出来上がった映像(m2v)+音声(wav)をAVIUTLに入れる

3.CM等をカットし必要なフィルタ等をかけてx264エンコードをかける

 

 

まずは必要ファイルを揃えましょう。※最新のものを入れておけばおk

TsSplitter → DTV関係ツール

tsファイルの内部データから余分なデータを取り除ける

 

「Multi2Dec」フォルダの中の「B25DecoderSDK」フォルダの中にある「B25Decoder.dll」を「TsSplitter.exe」と同じフォルダにコピーします。

 

Multi2DecDTV関係ツール

壊れたtsファイルを修復できると思えばいいです

 

このフォルダの中の「B25DecoderSDK」フォルダの中にある「B25Decoder.dll」を「TsSplitter.exe」と同じフォルダにコピーします。

 

BonTsDemux ver.1.10 mod.10DTV関係ツール

映像(m2v)と音声(aac/wav)に分離する

ほとんど音ズレ対策のためです

 

AVIUTLAviUtlのお部屋

ファイルを編集するソフト

 

ZIPファイルを解凍します。(最新版で問題ないかと・・・)

AviUtlで使用するプラグインを管理するため、aviutl.exeがある場所と同じところに、「Plugins」というフォルダを作成します。

 

MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-Inまるも製作所

VFAPI 対応ソフトからMPEG2が開けるようになる

 

まるも製作所からMPEG2ってところにあります

ファイルを解凍したら、「m2v.vfp」と「m2vconf.exe」をPluginsフォルダに放り込みます。

「m2v.vfp」→「m2v.aui」とりネームします。

auiはAviUtl専用の入力プラグイン形式です。

 

※vfpだとRGB24ビット色空間で読み込みます

  auiだとYUV色空間で読み込みます(元映像の色で読み込める)

  vfpは色も24ビットになるし、読み込みも遅いです。

 

「m2vconf.exe」を以下のように設定

 

DirectShow File Reader プラグイン for AviUtlDirectShow File Reader プラグイン for AviUtl

Windows Media Playerなどで再生出来るファイルをAviUtlでも読み込むことが出来るようになります。

 

ファイルを解凍し、「ds_input.aui」と「ds_input.ini」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

MP4Pluginseraphyのプログラム公開所

MP4ファイルのインポート、エクスポートを可能にする

 

改造したソフトから、「MP4Plugin」をクリック。一番下の最新版をダウンロードします。「mp4export.auf」と「mp4input.aui」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

拡張 x264 出力seraphyのプログラム公開所

GUIでx264出力操作ができるようになる

 

改造したソフトから、「x264 詰め合わせ」をクリック。一番下の最新版をダウンロードします。

ファイルを解凍し、「auo」フォルダにある「x264gui.auo」と「x264gui.ini」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

Nero AAC CodecNero AAC Codec

x264出力で音声をAACにするのに必要

 

「NeroDigitalAudio.zip」をダウンロードしたら「win32」フォルダの中のexeファイルをAviUtl.exeと同じフォルダに放り込みます。

 

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)

これら二つは拡張x264出力を使用する上で必要です。

とりあえず入れておきましょう。

 

 

次はAVIUTLで使用するプラグインを導入していきます。

別に入れなくても問題ないですが、なるべく綺麗にエンコードする為に必要なので入れておきましょう

 

AVIUTLの便利なプラグイン

 

自動フィールドシフト インタレース解除プラグインAviUtlプラグイン置き場

テレビで視聴するためのものをPCで視聴すると縞々が発生してしまいます。

その縞々を解除できるものです。

 

「自動フィールドシフト インタレース解除プラグインver7.5a」をダウンロードします。中に入っている「afs.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

Lanczos 3-lobed 拡大縮小まるも製作所

AviUtlに標準で搭載されているリサイズフィルタよりも高画質にリサイズできるフィルタです。

 

「Lanczos 3-lobed 拡大縮小」のところから、「lanczos3-0.5.3.lzh」をダウンロードします。

ファイルを解凍し「lanczos3.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

非線形処理な先鋭化用前置フィルタがらくたハウスのがらくた置き場

画面全体をぼかす為のプラグインです。これによりノイズが軽減されます。

非線形処理な先鋭化とセットで使用するのですが、非線形処理な先鋭化が輪郭回りにノイズを付加してしまうので前置きフィルタで軽減させるということです。

 

「非線形処理な先鋭化用前置フィルタ」のところから「prefilter.zip」をダウンロードします。

ファイルを解凍し、「prefilter.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

非線形処理な先鋭化がらくたハウスのがらくた置き場

ぼやけた輪郭などを鋭くするプラグインです。ただし、輪郭回りにノイズを付加してしまうので、非線形処理な先鋭化用前置フィルタとセットで使用します。

 

「非線形処理な先鋭化」のところから「nlsharpen.zip」をダウンロードします。

ファイルを解凍し、「nlsharpen.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

WarpSharpフィルタMakKi's SoftWare

ぼやけた輪郭線を細くし、画像を引き締めるフィルタです。

 

「warpsharp_003.zip」をダウンロードします。

ファイルを解凍し、「warpsharp.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

マルチスレッド対応版(以下MT)もあります。

Core 2 Quad以上のCPUならMT版を使えばかなり早くエンコードできます。

零様がMT化させたのですが、それをさらにBS様が最適化したのがあります。

自分の環境に合わせたやつをいれましょう。

 

unsharpフィルタICZの剣

ぼかした画像と元画像の差分を、元画像に重ねるフィルタです。

簡単にいうと明るさを調整して全体の輪郭回りをハッキリ表示させます(輪郭線が太くなる)

 

「AviUtlのプラグイン」から「AviUtlのプラグイン Type-?(系統別)」にいき「輪郭補正系」のところにあります。「unsharp.zip」をダウンロードします。

ファイルを解凍し、「unsharp.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

こちらもMT版が存在します。

零様BS様のMT版があります。

自分の環境に合わせたやつをいれましょう。

 

エッジレベル調整がらくたハウスのがらくた置き場

輪郭を補正するためのフィルタです。ぼやけて薄くなった輪郭線をはっきりさせたり、より黒くすることが出来ます。

「エッジレベル調整」のところから「edgelevel.zip」をダウンロードします。

ファイルを解凍し、「edgelevelMT.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

バンディング低減フィルタMTがらくたハウスのがらくた置き場

階調割れを低減します。黒い部分なんかは諧調が割れることが多いです。

暗いシーンが多い動画には最適です。

 

「banding13b.zip」をダウンロードしたら解凍し、「banding13b_MT.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

透過性ロゴフィルタMakKi's SoftWare

ロゴを除去したり、付加したりできます。

 

「透過性ロゴフィルタ」をクリックし、「delogo_013.zip」をダウンロードし解凍します。「delogo.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

※事前に「ロゴ解析プラグイン」でロゴ情報を取得する必要があります。

 

ロゴ解析プラグインMakKi's SoftWare

「透過性ロゴフィルタ」で使用するロゴデータ解析し、作成するためのものです。

 

ロゴ解析プラグインをクリックし、「logoscan_007.zip」をダウンロードし解凍します。「logoscan.auf」をPluginsフォルダに放り込みます。

 

 

以上で "導入編" は終わりです。これで編集できる環境が整いました。

うまく全て入れられたでしょうか?

さて、次回の話ですが・・・

AVIUTLや各プラグインには設定が必要です。

 

次回は2章 aviutlでアニメエンコード "初期設定編"です