オーストラリア観光旅行を経て魅力を伝えたい【ゴールドコースト】

\シェアよろしくお願いします!/

スポンサーリンク

f:id:daybreakdeath-03:20180908205655j:plain

どうも、あかつきです。

8/28~9/3までの間、夏季休暇を利用してオーストラリア旅行に行ってきました!

オーストラリアの魅力が伝わるかわかりませんが、お伝えしたいと思います。

※1週間の旅で長いので、何回かに分けて記事にします。

 

 

今回の旅行

なんのことはない。

新婚旅行です。

結婚してから2年になりますが、まだ行っていなかったのでこのタイミングでということです。

 

旅行代理店のツアー

オーストラリアは初めてのため、HISでのツアーにしました。

初めての場所で、英語の会話は絶望的にできないため、いざと言うときに頼れる場所がないとマズイかなという気持ちもありました。

私は海外自体がはじめてだったので、「オーストラリアとはどんなところだろう?」と、ウキウキしていました。

HISを選んだのは料金が他の旅行代理店よりもリーズナブルだったためです。

 

ゴールドコースト+ケアンズの7日間ツアーです。

金額は約70万。

成田からゴールドコースト空港まで直通です!

 

荷物は、こちらの記事でまとめたリストを元に準備

www.daybreakdeath.net

 

成田空港~ゴールドコースト1日目

成田空港出発

成田空港の出発は21:05

オーストラリアで使用するモバイルWIFIの受け取りもあったので、少し早めの18:30に成田空港に到着。

モバイルWIFIを受け取り、飛行機に乗せる荷物を預けに行きます。

その後は、空港内の食事コーナーで軽食。

飛行機でも食事が出るので、軽くうどんを食べました。

 

食事後は持ち込み荷物の検査を行ない飛行機へ搭乗。

 

ゴールドコーストまでの飛行機に乗っている時間は

約8時間

かなりの長旅のため当然ご就寝しますが、その前にご飯をいただきます。

こちらが飛行機内で渡された晩御飯ですw

f:id:daybreakdeath-03:20180908205056j:plain

あまりおいしくなさそうに見えるかもしれませんが、味は全然おいしいです。

ちょっと濃い味でしたけどね。

 

ゴールドコースト近くになると朝食が出現

f:id:daybreakdeath-03:20180908205303j:plain

バナナ風味のあっさりしたパンケーキです。

こちらもとてもおいしゅうございました。

 

ゴールドコースト到着

到着したら荷物を受け取り、HISのガイドさんと合流。

バスでホテルまで送ってもらいます。

 

バスに乗る前に少し時間があったので、モバイルWIFIを設定して使えることを確認。

同時にスマホの時刻も現地の時間に合わせます。

日本と比べても時差はほとんどなく、1時間オーストラリアの方が早いです。

日本は12時だったとしたら、その時オーストラリアは13時です。

 

現地の自販機で水を購入しようと思い、近寄るとクレジットカードで購入できる感じでした。

ほとんどクレジットカードが使えると聞いていましたが、まさか自販機も使えるとはおもっていなくてびっくりです。

しかし、visaとアメックス両方試しても、なんかエラーで購入することが出来ずよくわかりませんでした。

手順通りやってるんですけどね。。。

ちなみに値段は4オーストラリアドルです。

1ドル約80円でしたので、約320円と日本のコーラなどの2倍の値段です!!

 

物価高すぎるw

自販機で買ってる人は現地の人も観光の人もいませんでした・・・

当然ですね。

 

こちらはバスでホテルに着くまでに撮影した景色です。

f:id:daybreakdeath-03:20180908210231j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180908210351j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180908210408j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180908210431j:plain

海や川は日本と比べ物にならないくらい綺麗です。

南国にあるヤシの木みたいなのが海外のオーラをかもし出してますねw

 

シーカヤックとシュノーケリング体験

先にホテルへ荷物を預けましたが、15:00までチェックインできないため、ツアープランの1番手であるシーカヤックに行きます。

 

なにやら10:00に担当の人がホテルまで迎えに来ると言うので待ってました。

HISツアーなので日本人が迎えに来ると思っていましたが、まさかの外人美女登場!!

HISのプラカードを見せてきたのですぐにわかりました。

 

Hey!

HIS カヤックツアー

OK!OK!レッツゴー!

 

 

と言う感じで、バスに乗りました。

10分ほどバスで移動してビーチに到着です。

 

ビーチには、現地でライフセイバー+サーフィンの先生をしている、日本人の通訳の人と、カヤックとシュノーケリングを教えてくれる、別の外人美女が待っていてくれました。

 

カヤックの操作方法や注意事項を外人美女から聞きますが、まぁ何を言っているのかほとんどわかりませんw

ボディランゲージでなんとなくは理解できましたが、通訳の人がちゃんと説明してくれて助かりました。

この辺はツアーにしておいてよかったです!

 

このアトラクションでのミッションはこんな感じです。

  • カヤックで反対側の島まで行く
  • 島でシュノーケリングや立ちボードを楽しむ
  • カヤックで戻ってくる

 

カヤックは、はじめは中々まっすぐ進むことができなくて、すぐに右に曲がってしまったり、左に曲がってしまったりして難しかったです。

ただ、少しやるとなんとなくコツがわかり、まっすぐ進めるようになりました。

右や左に曲がってしまってもすぐに方向転換できるようにもなり、カヤックで島から戻ってくる頃には、普通に操作できるようになっていました。

ちなみに転覆することはありませんでしたw

 

以下、島で楽しんだ時の写真です。

f:id:daybreakdeath-03:20180908224323j:plain


f:id:daybreakdeath-03:20180908224429j:image

 

こちらはシュノーケリングの写真です。

外人先生がGoProのカメラで綺麗に撮影してくれました。

さすがGoProですね。水の中でも問題なし!

手に持ってるのはジェットのやつです。

あれを持っているとスーッと進んでくれるので、とても楽ちん!
f:id:daybreakdeath-03:20180908224442j:image


f:id:daybreakdeath-03:20180908224450j:image

 

こちらはボードの上に立ち、カヤックの時のようなオールで手漕ぎするという、地味な遊びですw

こけたりはしないほど安定はしているのですが、オールのコントロールが結構難しくて、変な方向にかなり流されてしまうことがありましたw

でも、とても楽しい!!

f:id:daybreakdeath-03:20180908223639j:plain

 

帰る前の綺麗な景色をワンショット

f:id:daybreakdeath-03:20180908225551j:plain

 

ホテルまでまたバスで送ってもらったのですが、その際に大音量でビートルズの曲がかかり外人美女から以下の言葉をもらいました

 

アハハハハ! ソーリー! ソーリー!

どう? 一緒にビートルズ歌わない!

Lest's Beatles singing? 的なことを言われていたのであってると思いますw 

特に一緒に歌うことはしませんでしたけど、ちょっとしたハプニングを楽しみました。

 

宿泊ホテル

ツアーでは一番値段の高かったヒルトンホテルです。

ヒルトンを選んだのは豪華なのもあったのですが、お土産屋さんや他のお店へのアクセスが歩いていける範囲にあって、便利そうだったのでこのホテルを選びました。

 

写真は日中に撮影しましたが、ちょっと暗い感じになってます。

これは、間接照明しかなく、あまり空間が明るくないため、ちょっと暗い感じになっているだけです。

綺麗でとても広い部屋で、居心地が良かったです。

f:id:daybreakdeath-03:20180909105016j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180909105032j:plain

 

夕食のレストラン

まずは写真をご覧ください。

f:id:daybreakdeath-03:20180909104101j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180909104119j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180909104133j:plain

f:id:daybreakdeath-03:20180909104151j:plain

はじめにスープとガーリックトースト

マイルドでとてもおいしかったです。

ビールはドイツビールとOGビールがありましたが、せっかくなのでOGビールを選択。

日本のビンビールのようなのど越しでした。

生ビールよりビンビールの方が好きなのでよかったです。

 

メインはTボーンステーキ!

普段1回の食事でこれほどの量を食べることがないので、かなりきつかったですが、なんとか完食することができました。

エビもプリプリでしたね。

味は全体的には大味でしたがおいしかったです。

 

ソーセージになってるのは嫁の方です。

甲殻類アレルギーがあるのでソーセージに交換してもらったのですが、とてつもない大きさのソーセージが出てきたので、びっくりしました。

 

写真だとそんなに大きくないように見えますが、かなり大きいです。

 

オーストラリアの人は、いつもこんなにたくさんの量を食していると思うと、体が大きいのにも納得できます。

私なんて全然食べないからガリガリですw

 

まとめ

オーストラリア旅行の1日目をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

写真を見ていただければ分かると思いますが、ゴールドコーストはサーファーズパラダイスという場所があるほどなので、とてもビーチが綺麗です。

砂もサラサラしていて裸足で歩いていても、まったく痛くありません。

外人先生も、通訳のおっちゃんも、とてもいい人でした。

 

ホテルも綺麗で、夕食も量は多いけどおいしくてとても満足な1日でした。

2日目以降も近いうちに更新しますので、楽しみにしてくれると嬉しいです。

 

ちなみに撮影したカメラはこちら

綺麗な写真撮影がしたい方はスマホは絶対やめたほうがいいです。

www.daybreakdeath.net