新生児からLサイズまでのおむつの価格を徹底比較【主要3メーカー】

こんにちわ、あかつきです。

この記事は、「通販で最安値の子供用おむつはどこ?」というところに焦点を絞って価格比較をまとめた記事です。
新生児、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの各サイズごとで、1枚あたりの価格をわかりやすく比較しています。
比較メーカーは、メリーズ・パンパース・ムーニーの3メーカーです。

 

おむつの消費は激しいうえに結構な値段がしますよね。
直接店舗で購入しても、大きいので持って帰るのが大変ですし、都内在住だと車を持ってない方も多いと思います。

そこで通販の出番なのですが、通販サイトを適当に選んでいると、店舗で直接購入するよりも値段が高くなってしまいます。
少しでも安く楽に購入したい人向けの記事になりますので、本記事を参考に購入してください。

 

新生児用オムツを通販最安値比較結果

いきなり結論の比較結果ですが、以下の表の通りになりました。
楽天なども確認しましたが、表にある2店の通販と比べてもまったく話にならないほど値段が高かったので、はじめから比較対象の表からは除外しています。

事前に私が2店舗まで絞っているので、以下の2つのどちらかで購入されたらいいと思います。

・新生児用は5kgまでのオムツ
・黄色のセルは各サイズでの最安値
・15%OFFはAmazonPrimeのファミリー割引
・20%OFFはAmazonPrime会員限定の割引

 

メーカーサイズ通販店舗枚数割引値段(税込)1枚の値段
メリーズ新生児Amazon360枚20%OFF¥3,571¥9.91
赤ちゃん本舗192枚なし¥2,400¥12.50
パンパースAmazon342枚15%OFF¥3,605¥10.54
赤ちゃん本舗192枚なし¥2,354¥12.26
ムーニーAmazon333枚15%OFF¥4,249¥12.75
赤ちゃん本舗192枚なし¥2,138¥11.14
メリーズSサイズAmazon328枚20%OFF¥3,543¥10.80
赤ちゃん本舗176枚なし¥2,400¥13.63
パンパースAmazon312枚15%OFF¥3,745¥12.00
赤ちゃん本舗176枚なし¥2,354¥13.37
ムーニーAmazon306枚15%OFF¥3,485¥11.38
赤ちゃん本舗180枚なし¥2,138¥11.80
メリーズMサイズAmazon152枚20%oOFF¥2,528¥16.63
赤ちゃん本舗136枚なし¥2,400¥17.64
パンパースAmazon246枚15%OFF¥4,008¥16.29
赤ちゃん本舗136枚なし¥2,354¥17.30
ムーニーAmazon234枚15%OFF¥4,249¥18.15
赤ちゃん本舗136枚なし¥2,138¥15.72
メリーズLサイズAmazon128枚15%OFF¥2,686¥20.98
赤ちゃん本舗116枚なし¥2,400¥20.68
パンパースAmazon210枚15%OFF¥4,008¥19.08
赤ちゃん本舗116枚なし¥2,354¥20.29
ムーニーAmazon198枚なし¥4,980¥25.15
赤ちゃん本舗116枚なし¥2,138¥18.43

 

メリーズの比較

新生児~Sサイズまでは最強クラスの最安値を誇っています。
ネットや実際に使っている私の友人もすごくいいとのことなので、性能についても申し分ないです。
実際に店舗にて生地を触ってみましたが、赤ちゃんにとって優しい肌触りの質感で、かぶれたりはしにくそうでしたので購入しました。
オムツが汚れたらオムツについている線の色が変わるところもナイスです。

Mサイズも最安ではありませんが誤差です。
ここまでメリーズを使ってきた家庭なら、最後までメリーズでいいでしょう。

 

パンパースの比較

パンパースは値段と性能が安定しているのがいいですね。
我が子の病院で使用しているのもパンパースです。

特にAmazonの新生児用の1枚あたりが約10円という破格の値段です!!
メリーズはprime限定割引があるので、すさまじく安くなっていますが、あくまで期間限定です。
パンパースは常に15%OFFなので、安定感が違います。
SサイズとMサイズの値段もそこまで高いわけではありません。

オムツが汚れたら印の線の色が変わるのはメリーズと一緒です。
値段と性能の安定性を求めるのであればパンパース一択です。

 

ムーニーの比較

ムーニーはMサイズとLサイズで最安値となっています。
評価や評判からは他の2つに比べると少し劣っているようですね。

肌触りが堅めだったり、おしっこが漏れ出てくるといった評判もちらほら見かけます。

ただ、新生児を過ぎてからは最安値なので値段を重視するのであれば選んでもいいと思います。
評判が少し悪いといっても、昔からあるメーカーですし、基本的なところは特に問題ないでしょう。
気にしすぎると、どのオムツも買うことができません。

 


広告

各通販利用時の注意点

Amazon

  • 15%OFFにするためにはAmazonPrimeの加入が必要
  • メリーズの20%OFFもAmazonPrimeの加入が必要
  • AmazonPrimeは年間4900円かかる

最近はほとんどの人はAmazonPrimeに加入していると思いますので、新規に入る人は少ないかもしれません。
しかし、まだ加入してない人は上記の注意が必要です。

オムツ以外にもこれからAmazonで買い物することがあるようでしたら、迷わずAmazonPrimeに加入することをおすすめします。

 

メリットとして以下があるからです

  • オムツやおしりふきの定期便が15%OFFで購入できる
  • 注文してから次の日に届けてくれる
  • 送料が無料
  • Amazonビデオやミュージックなどのサービスが利用し放題
  • 定期的に開催されるタイムセールで他のものが安く購入できる

デメリットと比べるとメリットが多いので、よく利用するという人は加入しておいたほうがトータルではお得になります。
この機会にぜひ登録しましょう。

 

 

赤ちゃん本舗

  • 1回の買い物で5000円以上購入しないと送料がかかる

5000円以上の買い物出ない場合は、全国一律で324円の送料が別途発生します。
毎回5000円以上購入する人は気にしなくても大丈夫です。

 

まとめ

3つの主要メーカーのオムツの値段について比較をおこないましたが、いかがでしたでしょうか?

  • メリーズ:性能は抜群だが値段は高め(prime限定で20%OFFにできる)
  • パンパース:性能と値段のバランスがとれていてちょうどよい
  • ムーニー:新生児を超えたらすべてのサイズで最安値

まとめるとこのような感じですね。
環境や赤ちゃんの好みに合わせて、一番ベストなオムツを選んであげてください。