f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

部下の指導教育が難しく現在も手こずっている話

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:daybreakdeath-03:20180219163641p:plain

どうも、あかつきです。

皆さんは後輩や部下の世話をどのようにしていますか?

仕事の愚痴になってしまって申し訳ないのですが、割と悩んでいるので、少しだけ付き合ってください。

一応、やってもらったことの中で良い結果が得られたこともあるので、同じように悩んでる人の参考に少しはなるやもしれません。

 

部下との関係

  • 部下は2歳年上の35歳。
  • 元々学生時代の友人。
  • 自社勤務ではなく別の現場へ出向。
  • お互い違う現場へ出向している。

 

会社に誘った経緯

部下はIT会社に勤めてはいたのですが、技術的な仕事はほぼしておらず、とてつもなく少ない給与で働いていました。
生活保護の支給額より数万円少ない給与です。
技術的なことをしてないのだから、給与安くても仕方ないのかもしれませんが、10年以上勤めていて、技術も身につかないし、給与も低いし、酷いなぁーと思いました。
いわゆるブラック企業というやつですね。

自社では、まだ社員が少なく人を集めていたことから、「うちの会社こない?」と話をしてみると、もっと技術的なことをやりたいし、給与も増えるなら是非お願いしたいと言われた。

15人程度の小さな会社なので、いきなり会社の役員と面談しましたが、私の友人ということならということで、2017年6月に採用となりました。

 

ここからが大変だった!

目標がはっきりしない

構築や設計を今後はできるようになっていきたいらしい。
構築は企業ではlinuxを用いていることが多いため、そちらの勉強をしてみてはどうか?と勧めてみた。
コマンドなどを知らないと話にならないため、安直ではあるがLPICの資格取得を目標に設定したようだ。
それだけでは足りないと思ったため、私からlinuxを使用したwebサーバの構築などの課題もやらせることにした。

しかし、まだLPICの資格を受けてすらいない。。。
目標を定めたのが2017年7月です。
勉強をしているのかも怪しいが、おそらく何もしていないのだろう。
このあたりは個人の目標なので、あまりとやかく言うつもりもないが、面談の時に困るのは自分であることは説明済みである。
ちなみに3月中旬に面談の予定がある。 

個人的に私が気にしているのは、決めた目標について何も行動を起こせていないことである。
目標はあくまで目標なので、必ずしも達成する必要があるかと言われると、そうではないと思う。

途中で考え方が変わって、目指すものが変わることもあるだろう。
ただ、彼の場合は基礎が全くできていない状態である。
基礎もできてないのに構築や設計ができるわけがない。
私も基礎を学んでようやく、構築や設計に携わってきています。

最近はwindowsの案件をしているようですが、windowsならwindowsで良いので、
目標の再設定と自分の目指すところを修正していってもらいたいですね。
聞く度にコロコロ言うことが変わっているので、本当に心配です。 
技術者になりたいなら、目標を設定してそれに向かって取り組んで成長して欲しいと常々思います。

 

言い訳をして作業をやらない

最近自社では私主導の元、AWSを取り入れました。
前々から、自社のwebサーバの構築や運用の手伝いを一緒にしてもらいたい旨を説明していました。
最近はAWSを使える人の需要が増えていますので、彼にも学んでもらいたいと思っていたからです。

しかし、実際に構築を開始するにあたって、要件定義や設計の話をしようとすると、
「今の現場の仕事があって、それに集中したいのでできない」とのこと。

 

ふーん。なるほど。

 

以前どこかで聞いたことがあるセリフでしたが、課題を与えていた時にも同じセリフを聞きました。
メールサーバを作っていた時でしたが、当時うまくいかない箇所があり、行き詰まっているようでした。
加えて現場にも出ており、途中で彼は、「現場が大変でそちらを優先したいため課題を中断させて欲しい」と申請してきたのです。

 

私は承諾しました。

 

ただ、課題がそのままになるのはマズイので、いつから再開させるのかは決めさせました。
現場が残り1ヶ月で終わりとのことなので、それ以降に再開するとのこと。

が、再開していません。
もう半年以上そのままになっていますね。。。

これはまぁいいかなと私の中では思ってます。
本人のスペックもあるし、現場が忙しいというのであれば、それに集中してもらってもよいです。
ただ、逃げるクセがついているなぁと感じていて、仕事を任せるのは不安になる材料になっています。
ちなみに自社のAWSの作業は私一人でちまちまやってますw

 

言われたことが全くできない

  • 報告連絡しろ
  • メンバーの問いかけに何かしら反応しろ

これ何回言ったかもうわからないです。
大学卒業間際のピッチピッチの新入社員ならいざ知らず、もう35歳の社会人経験あるおっさんがですよ!?
YESかNOということですら、返事が全くありません。
基本的に私から、「反応してくれ」と言わないと反応しません。
誰に対してもです。
これ何なんでしょうね?
技術がないとか関係なく、コミュニケーションができないのは仕事できないと思うのは私だけでしょうか?
聞く必要がないことは聞いてくるんですけどね・・・

あまりにも反応しないし、現場が別々なので何をやっているのかあまり管理できていないのがよくないと思い、週報を出させるようにしました。
その週報も内容が酷いわけですが、ここでは割愛します。

とにかく報告や連絡をするクセをつけさせる必要があると思い、2018年2月から週報を出させるようにしています。
週報で指摘をすると、それに対しての返事はありませんが、少しずつ内容は良くなってきています。
徐々に効果は出てきているので、ただ週報を出すだけではなく、本人にとってプラスになれるように、このまま続けていきたいですね。

 

今後の課題

  • 目標を定める理由
  • 最低限のコミュニケーションの確立

目標を定める理由

目標を定めるということは、何からしら達成したいことや、やりたいことがあるから、決めるものだと思っています。
本人のモチベーションをあげるのが目的ということもあるでしょう。
上司や他人に言われたからとかではなく、未来の自分を見据えてそれに向かっていけるような目標を立てなければ意味がないと思っています。
我が社ではそういう目標の立て方を、今後は取り入れていこうかなと考えております。

最低限のコミュニケーションの確立

これはできない人はなかなかできないのかな?と思います。
普段から話すクセや、報告連絡するクセをつけさせて徐々に改善していきたいと思っています。
我が社は話をするのが苦手な人はいないと思いますが、連絡報告が疎かな人が結構います。
本人を守るためにも、改善していきたいですね。

 

まとめ

教育や指導について、まだまだだなと思わされることがたくさんあります。
まだ小さな会社なので、その辺りが充実してないのも問題ではありますが、それを作っていくのが私達役職者の仕事だと思っています。
部下には何でも相談してくれて構わないと日々伝えていますが、入社してからずっと酷く、なかなか直る気配がなかったので今回記事にしました。
私もあるタイミングで技術力のない生活を抜け出し、変わろうと努力した時期があります。
彼にも気づいてもらって頑張ってもらいたいものです。

ここまで読んでくださった方には、愚痴の内容で申し訳ありません。
良い助言などあれば聞かせてもらえると嬉しいです!