f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

仕事現場で天然の社員さんがおもしろかった話

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:daybreakdeath-03:20180416233421j:plain

どうも、あかつきです。
今日は私がお世話になっている現場での仕事中に面白いことがあったので、お話したいと思います。

 

キックオフ

今日は社員さんだけが参加する必要がある、大事なキックオフがあるとのことでした。
特別な理由がないと欠席は許されないと聞いていました。
出勤中に、「あー今日は社員さんみんな居ないから、障害とか起きたらめんどうだなー」って思ってました。

 

障害発生!!

なんということでしょう!?
朝出勤した段階から、既に障害が起きており、問い合わせなどがslack経由でいろいろきているではありませんか。

 

「マジかよ!」って思いながらログ調査したり、監視の確認してもおかしそうなところは見当たらず、イマイチよくわからんorz
そんな時、社員さん1人とマネージャーが助けに来てくれて、なんとか原因を突き止めて復旧させることに成功しました。
マジで感謝しかない。

 

以前までは一緒にチームでやっていた方だったのですが、今は離れて別のことをやってらっしゃり、しかもキックオフに行かないといけないのに、障害対応が落ち着くまで残ると言ってくれてとても頼もしかったです。

 

あるプロセスが内部的におかしい状態になっており、正常に動いてないことまでは分かったのですが、なぜそのような状態になっているかまでは突き止めれなかったのが、心残りです。

 

今回のお話は、この障害対応中に起こったおもしろいお話です。

天然社員さんの面白いお話

まずは登場人物を紹介します。

  • 天然社員のTさん
  • マネージャーのGさん
  • 障害対応助っ人のIさん

 

障害対応を手伝ってくれている、GさんIさんに対して、他の社員さんが、そろそろキックオフの時間だけど行かないの?と聞いてきますが、障害対応を優先してるので、先に言っててくださいと返答していました。

 

マネージャーのGさんからも、他の社員さんに対して、社員同士で声掛け合って先に行っててとおっしゃっていました。

 

そして、障害対応に戻り、しばらく(30分ぐらい経ったぐらい)すると、何か違和感を覚えて、ふと斜め前を見ると、Tさんが自分の席で淡々とノートパソコンのキーボードをたたいているではありませんか!?

 

それに気付いたGさん

 

Gさん「ところでTさんは行かないの?なんか理由あるの?」

Tさん「え?なんですか?え?え?」

Gさん「いや、なんで行かないの?って聞いてるの?」

Tさん「え?行かない?え?どういうことですか?なんのことですか!?」

Gさん「え?キックオフだよ!みんなもう行ったけど。ウチらは障害対応してるだけだよ」

Tさん「え?あれ?会議依頼がメールで来てない!なんだこれ!?」

Gさん「いやいやそんなわけないでしょw それに先週グループ会議でも全体共有したじゃんw」

Tさん(大きな声)「いやホントですよ!なんなんだよこれ!?」

我々「wwwwwww」

Gさん「わかったから。障害対応終わったらこっちも行くから、一緒に行こう」

Tさん「はい!」

 

という、ものすごいボケを素の状態でかましているのを身近に見まして、障害対応中であったのにもかかわらず、爆笑させていただきました。

 

確かに、先週のグループ会議で社員がみんな居なくなりますよって共有受けていたので、私達パートナーも知っていましたが、まさか知らないとは思ってませんでしたw

 

まとめ

自分もド忘れしたりすることはありますが、さすがに全体のキックオフを忘れ去ることはこれまでに経験がないですね。
周りのみんなも急に一気にいなくなってるので、気付きそうなものですが・・・

 

マネージャーとの会話で、衝撃的な発言がいきなり飛び出してきたので、思わず笑ってしまいましたw
仕事はすごくできるTさんなのですが、たまに天然な部分が見れるので、楽しくお仕事させていただいております。

 

みなさんも同じような天然な人とお仕事をして、ほっこりするようなことはありますでしょうか?