f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

【MHW】旧型ps4とproの最適なssd換装はこれ一択!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:daybreakdeath-03:20180227225004j:plain

どうも、あかつきです。

前回ps4の内蔵HDDをSSHD(SSD)に換装する記事を紹介しましたが、今回は旧型ps4とps4 proで、それぞれ内蔵ssdと外付けssdのどちらを選ぶのか正解なのか?を理由付きでお伝えしたいと思います。
ssdでゲームのロード時間短縮を考えているあなたは、必見の記事になっておりますので最後までご覧ください。

旧型PS4とPS4proの違い

そもそも旧型ps4とps4proは内臓デバイスと外付けデバイスのインターフェースの規格が違います。 

機種 内臓デバイス 外付けデバイス
旧型PS4 SATA2.0 USB3.0
PS4pro SATA3.0 USB3.1

  

各規格について

規格 物理速度 実効速度
SATA2.0 3Gb/s 300MB/s
SATA3.0 6Gb/s 600MB/s
USB3.0 5Gb/s 500MB/s
USB3.1 10Gb/s 1200MB/s

上記の表のように規格によって転送速度が異なり、当然、数字がいいものの方が速度は速くなります。

速度順に並べると以下のようになります。
PS4pro外付け > PS4pro内蔵 > 旧型PS4外付け > 旧型ps4内蔵

 

どの構成がいいのか?

結論から言うと以下になります。

旧型PS4 ⇒ 外付けSSD

PS4pro ⇒ 内蔵SSD

 

旧型PS4に外付けSSDがよい理由

内蔵デバイスがSATA2.0のため、SSDに換装してもSSD本来の速度を出し切ることができません。
車に例えると、せっかくフェラーリなのに下町を30kmでしか走れないのと一緒です。一応、HDDのときよりは確かに早くなりますが、300MB/sは超えられないため、もったいないです。
外付けUSB3.0なら、500MB/sまで出せるので、SSDの性能を引き出せます。

 

PS4proに内蔵SSDがよい理由

外付けUSB3.1はオーバースペック過ぎてこれだけの速度を出せるSSDがなかなかないと思います。
あったとしてもとてつもなく高い値段です。
ゲームにそれだけ出すにはコスパが悪すぎるでしょう。
PS4proは内蔵デバイスがSATA3.0なので、十分にSSDの性能を引き出してくれるので、十分です。
また、内蔵するので外付けのようにかさばる事もなく、見た目もスッキリです。

内蔵HDDを交換するのはハードルが高いという人は、外付けSSDでも全然問題ないと思います。
USB3.1を生かしきれないというだけで、SSDの性能は十分に引き出してくれます。

 

外付けssdを追加する場合の注意点

ps4に外付けssdを追加する場合には、以下の条件が必須になります。

  • 250GB以上の容量のssdでなければ認識できない
  • USB3.0以上での接続
  • ps4のシステムバージョンが4.5以上

一番やってしまいがちなのが、128GBとかのssdを購入して接続したら、使えねーよ!ってパターンです。

私が実際に購入して問題のなかったssdと、友人が使って問題のなかったssdを紹介しておきますので、これを選んでおけば絶対大丈夫です。

まとめ

  • 旧型PS4は外付けSSD
  • PS4proは内蔵SSD

この構成が一番かしこい選択という内容でした。

私は旧型PS4なので、外付けSSDの構成にしていますが、MHWではロードが50秒ぐらいかかるところが、20秒ぐらいに短縮されているため、ストレスなくゲームを楽しんでおります。
やはりロードが多く長いゲームだと、1回1回が短いというのはかなり重要なことだと思っています。
まだSSDにしてない人は、この機会に是非トライしてみましょう。