f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

日本のカジノ週3回の入場制限で検討!!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

f:id:daybreakdeath-03:20180215140320j:plain

どうも、あかつきです。

政府が検討している統合型リゾート(IR)のカジノですが、週に3回、月にMAXでも9回~11回しか利用できないようにする方向で動いているようです。

目的やどんな感じで管理していこうとしているのかを、軽く記載していきます。

 

 

入場制限の目的

パチンコなどで騒がれている、ギャンブル依存症を抑制することである。

 

利用制限の該当者

すべての日本人と、日本国内に居住している外国人が対象。
外国人旅行客などは対象外とのこと。

 

マイナンバーの義務付け 

カジノを利用するためにはマイナンバーの提示を義務付けにする。
週や月でどれぐらい利用しているかもマイナンバーで管理できるようにするとのこと。

 

カジノ面積の制限

どんなに大きくても1万5000平方メートルまでにする。
大きくなりすぎないようにするため。

 

まとめ

結局イタチごっこだと思うんですよね。
パチンコ/スロットも、依存症をなくすために勝てないようにする強めの規制をバンバン実施して、「もう勝てないからやめなさい」ってことにしたいんでしょうが、やる人はやってますよね?

そもそも利用者は金を稼げたか失ったかしか基本的には考えていません。
中には演出を楽しんでいる人もいるでしょうが、結局勝てなければ誰もやらないはずです。負けるとわかっていて誰がやるんでしょうか? 

カジノでは、むしろ利用回数制限をすることによって、よりのめり込む人が増えると私は思ってます。
「週に3回しかいけないのに昨日と今日で大きく負けてしまった。もう明日大きく賭けて一気に取り戻すしかない!!」
こういう考えの人が大多数出てくると思います。
たくさんの人が、少ない日時で大きな金額を一瞬で失くす未来が私には見えます。

国が税収を集めるために、管理してる役人が至福を肥やすために必死になっているようにしか私には見えません。

パチンコ/スロットの代わりにカジノを作るのではなく、ギャンブル自体無くせないんですかね?
ギャンブによる収益がないと国が保てないなら終わりなのだと思っています。