f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

60i混合アニメをaviutlでエンコードする方法

この記事をシェアする

スポンサーリンク

aviutl導入から動画出力までの説明は一通り出来たと思うので、次のステップに行きたいと思います

今回は60i混合アニメのエンコード方法についてです

60i混合アニメはいろいろありますが、新作の化物語でやってみましょう ==== まず、60iとはどういうものかを説明しておきます
aviutlに入れて1フレームずつ動かせば分かりますが、1コマずつ縞が発生します
これを24fpsなどで処理してしまうと当然ガックンガックンになります
よくあるのがEDのスタッフロール(下から上に流れる文字)などです
こういう場合、本編とEDは分けて処理する必要があります


1.まずはアニメソースと音をいつも通りaviutlに入れます


2.60iになっているEDを削除し、24fpsの本編とOPを編集して
  「編集プロジェクトの保存」を選びaupファイルを作成します


3.再度アニメソースと音をaviutlに入れますが、この時「60fpsで読み込む」
  チェックを入れてaviutlにいれてください



4.今度はED以外を削除して、EDを編集して「編集プロジェクトの保存」を選び
  aupファイルを作成します


5.項目2で作成したaupを開きx264guiで設定をして、バッチ処理します
  ※自動フィールドシフトを使っていればONにしてください


6.項目4で作成したaupをx264guiで設定して、バッチ処理します
  ※x264guiの設定で、「自動フィールドシフトv7 対応」のチェックを
  OFFにしてください
  自動フィールドシフトは60fps読み込みでは使えない為




7.後は、aviutlの「ファイル」→「バッチ出力」でmp4ファイルを作成します
  本編が通常通り、EDのスタッフロールも滑らかなら成功です


8.最後に本編とEDを合体させます
  フレームレートが異なるとmp4boxではうまく結合できない為
  mp4catを使用します
  seraphyのとりあえず設置掲示板で配布ページが用意されています
  mp4cat
  解答したらmp4cat.exeがあるので、出来あがったmp4ファイル名を
  本編は01、EDは02等、番号付けして2つをつまんでmp4box.exeへ
  放り込みます
  結合出来たらファイルを確認してみましょう。上手くいってるハズです
  ※mp4catはx264gui出力の設定が
   全く同じファイル同士でないと結合できません



以上で60i混合アニメエンコードの説明は終了です
ではでは