f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

avisynth バンディング低減フィルタ GradFunkMirror

この記事をシェアする

スポンサーリンク

第肆話 avisynth スクリプトとフィルタ2で一通り私が使用しているフィルタの説明をしました

今回は最後に言っていた、バンディング低減フィルタについての説明をしておこうと思います

第陸話 avisynth 複数のavsをまとめてbat処理編
第伍話 avisynth bat出力編
avisynth バンディング低減フィルタ GradFunkMirror
第肆話 avisynth スクリプトとフィルタ2
第参話 avisynth スクリプトとフィルタ1
第弐話 avisynth エンコードの流れ編
第壱話 avisynth 導入編
序章 avisynthを使用したCLIエンコード

==== フィルタの名前はGradFunkMirrorといいます

元々、バンディング低減フィルタとしてはGradFun2dbというものがあります
GradFunkMirrorはそれの境界線周りでの処理を修正する関数です
ですので、フィルタとしてはGradFun2dbを使用し、GradFunkMirrorは関数を記述する必要があります

まずは、GradFun2db.dllをダウンロードし、pluginフォルダに入れておきましょう
GradFun2db.dllダウンロード

問題のGradFunkMirrorの関数ってどうやって記述すんの?ってなるかと思いますが、ご安心を
先ほどのダウンロードした中に関数が記述されているavsファイルが同梱されています
それを、itsの関数等と同じように、自分のavsファイルに記述してください

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●書式
GradFunkMirror( clip c, float "strength" )

●使用例
GradFunkMirror(strength=1.5)

※関数ではデフォルトでstrengthが1.2になっています。ここを変更すればでデフォルト値を変えられます
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ただこれだけだと、目で見る限りでは効果としてよく分からなかったのが現実でした
ですので、私はAddGrainというフィルタも合わせて使用してます
このフィルタはランダムノイズを付加してフィルムのような粒子や雨のような効果などを追加するフィルタです
ここからダウンロードしてください→AddGrainダウンロード

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●使用例
AddGrain(var=1.5)

●AddGrainとGradFunkMirrorを合わせて使用した例
GradFunkMirror(strength=1.5).AddGrain(var=1.3)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ノイズ除去などでのっぺりさせすぎてしまうと、バンディングが発生します
ですので、粒粒を追加してそれを防ごうという感じですが、やりすぎるとざっらざらになるのでご注意を
一応これでバンディングを効率よく抑えることに成功しました