f:id:daybreakdeath-03:20180225122613p:plain

第壱話 avisynth 導入編

この記事をシェアする

スポンサーリンク

おまたせしました

avisynthの導入編ということでやっていきます

では、どうぞ?

 

第陸話 avisynth 複数のavsをまとめてbat処理編

第伍話 avisynth bat出力編

avisynth バンディング低減フィルタ GradFunkMirror

第肆話 avisynth スクリプトとフィルタ2

第参話 avisynth スクリプトとフィルタ1

第弐話 avisynth エンコードの流れ編

第壱話 avisynth 導入編

序章 avisynthを使用したCLIエンコード

 

==== まずは、序章 avisynthを使用したCLIエンコードで説明した必要な物を用意しておいて下さい

 

最低限必要な物が準備できましたか?

ここからは、さらに必要な物をavisynthに追加していきます

 

更に必要な物

☆warpsharpパッケージwarpsharpパッケージ改造版 by seraphy
数多くの有益なフィルタを含むwarpsharpプラグインと、そのwarpsharpプラグインと一緒に配布されている、他のプラグインやツールを含めた一式のこと。
ダウンロードしたら、warpsharp.dllをavisynthのプラグインフォルダへ移動させる
さらにavsfilter.dllavsinp.auiをaviutl.exeと同じ場所に移動させる

・avsinp.auiはavsファイルをaviutlで開くことが出来るようにするものです

・avsfilter.dllはaviutlでavisythのフィルタ設定が出来るようになります

 

☆AviSynth Script エクスポートAviUtlプラグイン置き場

AviUtl上で行った編集情報などをAviSynthで利用可能な形式でエクスポートするAviUtlプラグインのセット

この中の「trim_export.auf」が一番必要になります

aviutl.exeと同じ場所にコピーしておきましょう

 

☆DGDecode.dllMPEG1/2 Decoder and Frame Server

DGMPGDecの中に一緒に入っています

DGIndexでd2vファイルを作成した場合は、avisynthで読み込むためにDGDecode.dllが必要になります

DGDecode.dllをavisynthのプラグインフォルダに入れておきましょう

 

これで、aviutlとavisynthがある程度連携出来る状態になったはずです

試しに、DGIndexで作成したd2vをavisynthで記述し、aviutlで開いてみましょう

 

------------------------------------------------------------------------

1.テキストファイルを作成し以下を記述する

LoadPlugin("DGDecode.dllをフルパスで指定")

MPEG2Source("入力したいd2vファイルをフルパスで指定")

#YUY2色空間に変換

ConvertToYUY2(interlaced=true)

return last

2.そのテキストファイルを保存し、.txtを.avsに変更

3.後はそのファイルをつまんで、aviutlに入れるだけです

------------------------------------------------------------------------

 

いかかでしょうか?開けましたか?

ここまでくれば、後は使いたいフィルタを入れたり、スクリプトをどんどん記述していくだけです。次回からは全体の流れ、フィルタの紹介、スクリプトの記述方法といった形で紹介していきたいと思います

次回

第弐話 avisynth エンコードの流れ編